納骨堂のことを知りましょう

納骨堂と位牌について

納骨堂と位牌について 親族が亡くなると、初めて親族を見送る経験をします。
どれもこれも初めてで、すべてが勉強となります。
納骨堂と聞いても、なんとなくはわかっているが、普段行くこともないし、詳しく知る方も少ないように思えます。
納骨堂は、亡くなった方の遺骨を納める場所です。
亡くなった方たちが、静かに眠っていただける神聖な場所になります。
この建物は室内になります。
昔は、お墓を購入することが自然でしたが、今では、後を次ぐ者がいないところもありますので、納骨堂に納める方たちも増えています。
位牌というものがあります。
位牌は亡くなった方の戒名や、その方の情報などを記したものです。
その方が生きてきた証になります。
後々、位牌はご先祖供養にも使われる大切なものです。
宗教によっては、位牌を持たない場合もありますので、わからないことがあれば、その道のプロに聞いてみると良いでしょう。
人が亡くなるということで、その方が残した証を、後世に繋いでいくことが大切です。

納骨堂の選び方について

納骨堂の選び方のポイントは、以下のとおりです。
まず、「費用」。
これは、施設の形式や管理の仕方などによって変わってきます。
安い所は30万円から、高い所になると200万円くらいすることもあります。
また、永代供養だと、合祀するまでの期間が短いほうが安くなりますし、合葬と個別とでは、前者のほうが安くなります。
二つ目の選び方のポイントは、「宗派」。
たいていの納骨堂は寺院が開設しているので、宗派を問われることはありませんが、檀家にならないといけないなどの条件が付されていることもあるので、確認は必要です。
三つ目は、「収蔵の仕方など」。
遺骨の数・安置可能な期間・最終的にはどこに収蔵するのかなどの点は、契約前に確かめておきましょう。
四つ目は、「住職の人柄」。
当然ですが、人柄が悪い住職よりはよい住職に依頼したいというのが人情です。
住職だけでなく、スタッフの人柄や応対の仕方などもしっかり観察しておいたほうがよいでしょう。

Menu
新着情報

◎2017/11/7

格安の納骨堂を選ぶ際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

納骨堂にお骨を納める時期と一周忌法要
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「お墓」
に関連するツイート
Twitter

私のお墓の前で泣かないでください

Twitterひとりで10円くらい払えばいけるか?@un7d5s

返信 リツイート 1分前

RT @niger1943: 先ほど黒い犬さんを奥庭に埋葬しました。 花を手向けて私たちの匂いのする絹の毛布を被せました。 白い犬さんもちゃんと見送りました。 お墓を石で囲み、中にクリスマスローズを植えました。 うつむきかげんで甘えたあの子に似ているピンクのオリエンタリスです。…

返信先:@chi_kama2626 お墓をカンカントントン(ライムサワー(´・ω・`;))

Twitterるる猫(黒猫さん)@rururirukaineko

返信 リツイート 3分前

返信先:@takefuji__ お墓あるから舞鶴には行くんだけどねー。市内はなかなか。 母が京都出身(//∇//)

TwitterAlseusフランツ@Alseus1

返信 リツイート 3分前

だからお墓も遺骨も無い

【悲報】3連休後にクリスマス って流れてきたから、年末年始の予定を思い出してみた。 22日〜25日は仕事。 26日は、病院と27日以降の仕事準備。 27日〜年明け3日まで仕事。 4日は実家とお墓参りに行きたいし、 5日〜6日は家の掃除と娘の宿題確認と、、、、、、_( _´ω`)_ペショ

返信先:@Kururun_PSO2 後はお墓参りするだけじゃな!

Twitterセラ@FF14(Anima)/PSO2@shiki_0705

返信 リツイート 4分前

男性学がお墓、創作衝動はすべてそこに帰らない、孤独なやつらの親求めを亡くなりに、すごくつらい、もう、、なんでこんな

Twittertextpersonality@12/23白石一文「この世の全部を敵に回して」一部朗読@清澄庭園@subtextthinking

返信 リツイート 4分前

シオンタウンのお墓んとこのオバケこえー

TwitterH2O 🍫(◜௰◝ )📛6🌷@Ha_tsurai_

返信 リツイート 5分前

返信先:@Ryu_sei_str †┏┛流星殿のお墓┗┓†

Twitter†┏┛やまめ┗┓†@yamame3221

返信 リツイート 6分前