納骨堂のことを知りましょう

納骨堂と位牌について

納骨堂と位牌について 親族が亡くなると、初めて親族を見送る経験をします。
どれもこれも初めてで、すべてが勉強となります。
納骨堂と聞いても、なんとなくはわかっているが、普段行くこともないし、詳しく知る方も少ないように思えます。
納骨堂は、亡くなった方の遺骨を納める場所です。
亡くなった方たちが、静かに眠っていただける神聖な場所になります。
この建物は室内になります。
昔は、お墓を購入することが自然でしたが、今では、後を次ぐ者がいないところもありますので、納骨堂に納める方たちも増えています。
位牌というものがあります。
位牌は亡くなった方の戒名や、その方の情報などを記したものです。
その方が生きてきた証になります。
後々、位牌はご先祖供養にも使われる大切なものです。
宗教によっては、位牌を持たない場合もありますので、わからないことがあれば、その道のプロに聞いてみると良いでしょう。
人が亡くなるということで、その方が残した証を、後世に繋いでいくことが大切です。

納骨堂の選び方について

納骨堂の選び方のポイントは、以下のとおりです。
まず、「費用」。
これは、施設の形式や管理の仕方などによって変わってきます。
安い所は30万円から、高い所になると200万円くらいすることもあります。
また、永代供養だと、合祀するまでの期間が短いほうが安くなりますし、合葬と個別とでは、前者のほうが安くなります。
二つ目の選び方のポイントは、「宗派」。
たいていの納骨堂は寺院が開設しているので、宗派を問われることはありませんが、檀家にならないといけないなどの条件が付されていることもあるので、確認は必要です。
三つ目は、「収蔵の仕方など」。
遺骨の数・安置可能な期間・最終的にはどこに収蔵するのかなどの点は、契約前に確かめておきましょう。
四つ目は、「住職の人柄」。
当然ですが、人柄が悪い住職よりはよい住職に依頼したいというのが人情です。
住職だけでなく、スタッフの人柄や応対の仕方などもしっかり観察しておいたほうがよいでしょう。

Menu
新着情報

◎2017/11/7

格安の納骨堂を選ぶ際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

納骨堂にお骨を納める時期と一周忌法要
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「お墓」
に関連するツイート
Twitter

ヴァネッサお墓できた。ミラー

わたしのーお墓のーまーえで

返信先:@Krumi_verse とりあえず何が起きても大丈夫なようにここにお墓建てるわ。 ✝R.I.P✝ がっこ 〜2019

返信先:@momonouchimmm ヒレはまだ食べた事ないなぁ(*´﹃`*) おいらも土曜日、お墓参りの帰りに行く予定ですw

Twitterpuck@おま研フォーエバー!@askaname

返信 リツイート 58秒前

明日は家族でお墓まいり💖 嬉しい。 主人も一緒だ。 お墓で幽魂安鎮秘詞あげよう。

1️⃣早朝偏頭痛で目が覚めたけど、二度寝で治った、良かった2️⃣お彼岸なんで、お墓参りに行った。両親、ご先祖様に感謝3️⃣カフェでワッフルとお茶をした☕4️⃣英会話の体験レッスンの予約した。多分、習い始めると思う。思い立ったが吉日だもんね(^-^)#みんなdeポジティブ人間化

月迺野露草雙紙(つきののつゆくさぞうし)を書いた不老軒宇多々は昭島の人なんだよ!郷地に生家とお墓があるんだね!【おーと一輪その78】

Twitter昭島一輪(昭島ご当地bot)@akishimaichirin

返信 リツイート 1分前

明日は朝からお墓参り、午後はいつもの通り病院と慌ただしいので今夜はこの辺にて。おやすみなさいまし。皆様も良い夢を…

Twitterあきな@先行頒布:モーメント@b_m_craft

返信 リツイート 2分前

返信先:@Licht09686719 あわわ、そんな私なんぞの者でお墓に入らないでください〜😂 初めたばかりなのにこのクオリティ…!これからの期待大ですね!✨ Lichtさんの沖田くんとさぶろーくんとても好きです☺️💓

Twitterわさ梶は31日インテに行く@wasaBee_15

返信 リツイート 2分前

返信先:@Syato_ran 体力測定は長座体前屈がめちゃくちゃ足引っ張ってて…あいつは絶対許さん() ないですー!お墓建てたりぼったくりなんてしてないです…!(小声) メイスと鎌がどストライク…魔道具も期待大です(o´艸`) 一緒に周回出来たら昇天しちゃいます…昇天します( ˇωˇ )

Twitterあおやぎ@ミトラ@aoyagi_mtrs

返信 リツイート 2分前