納骨堂のことを知りましょう

納骨堂にお骨を納める時期と一周忌法要

納骨堂にお骨を納める時期と一周忌法要 納骨する時期は一周忌が1つの目安とされています。
昔は百か日法要の際に行うこともありましたが、近年は百か日法要自体がほとんど行われなくなったので、四十九日法要の際に納骨する人が多くなっています。
明確に法律に期日が定められているわけではないので、故人と別れがたいなどの理由で一周忌まで自宅にお骨を置いておくご家庭もあります。
納骨堂も移し替えなどでない初めての納骨であれば、火葬してから納骨までの期間にはこだわらない場合がほとんどです。
一周忌を機に納骨堂に納骨する場合は、お寺に法要と納骨式を依頼しておく必要があります。
すでに納骨している場合の一周忌法要については、一人一人に年忌法要を行う納骨堂もあれば、一月ごとに同じ年忌を迎えた人同士で合同法要を行う所もあります。
納骨の際に確認しておくか、問い合わせをすれば答えてもらえます。
合同法要を行う所でも希望があれば個別の法要もしてもらえるので、お骨を納骨堂に納めていることを伝えたうえで、普通のお墓の場合や納骨前の場合と同じようにお寺に依頼すれば大丈夫です。

日本の墓事情に配慮した納骨堂

納骨堂の仕組みや考えは、日本の長年の歴史の中で変化を続けて、昔とは意味合いも違ってきました。
従来の考えでは、一時的に遺骨を安置する場所になることが多く、将来的には永代供養墓に移すことが一般的でした。
ところが、最近は墓の後継者不足が非常に深刻となったために、納骨堂を永代供養墓として利用する動きが強まっています。
現在の日本は少子高齢化も深刻で、先祖代々の墓の維持管理で困る人が増えています。
このような問題を全国の寺院は注目して、近代的な納骨堂の建立を進めています。
最初から後継者不足の問題に対処した形ですから、子供がいない夫婦でも利用しやすくなり、経済的な負担が軽減するなどの利点もあります。
墓地の不足が深刻な大都市でも、納骨堂の需要が高まる状況です。
限られた空間を有効的に使って建立できるため、将来には墓を作る場所がなくなる心配もありません。
日本の高温多湿の環境にも順応する建築で、雨や強風を気にせずにお墓参りができることも魅力です。

Menu
新着情報

◎2017/11/7

格安の納骨堂を選ぶ際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

納骨堂にお骨を納める時期と一周忌法要
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「納骨堂」
に関連するツイート
Twitter

(やっと)ネッツトヨタのヒロシキャンプASOみた。 焼き牡蠣か〜(´∀`*) じゃなくてまだ焼きスイカ引っ張ってんの∑(゚Д゚) とか あぁおでん缶が、ぼっちキャンプの噌汁の様になる〜( ゚д゚)ドキドキドキドキ とか 納骨堂の匂いって…なんかスゴイ例えだなぁ とか とてもおもしろかった。

【あくこと知らぬ寄附強要】<1>ある会社の社長が相談に来た。群馬県の北部にあるちっぽけな市に檀家五百軒の寺があり、それを鉄筋五階建てに改築するため、一軒二十万円、会社経営者は百万円の寄附を強要してきたとの事。一階が本堂、二階が坊主の住居、三階から上が納骨堂だそうだ。

伊助どんとラスニテ納骨堂行ってきた。よきかな(o´∀`)o

納骨堂:コンビニで980円のものを買った。1000円を出して、10円玉が8枚あることに気付いて80円を出した。そのあと100円玉が9枚もあることに気付いて900円を出した。訳がわからなくなって、しばらくトレイの上の1980円を店員と見つめてた。

RT @zz_saba: 元ネトゲの世界にどっぷり漬かってた人間が、現実世界で幻想的な風景を求めて異国を歩く #Distantworlds_sb の第5弾、チェコ編の通販開始です。セドレツ納骨堂、幽霊教会、錬金術師の部屋、ユダヤのシナゴーグ等今回も厨二心にグッと来る風景を収録。…

愛知県岡崎市に鎮座、一畑山薬師寺の御朱印。お守り等が頒布されている場所で頂いた。他にも涅槃像が祀られている納骨堂でも涅槃の御朱印が頂ける。国道一号線から程近い場所だが、山頂にあるお寺なので眺めは中々だった。 pic.twitter.com/Bm9HIDMgLK

RT @zz_saba: 元ネトゲの世界にどっぷり漬かってた人間が、現実世界で幻想的な風景を求めて異国を歩く #Distantworlds_sb の第5弾、チェコ編の通販開始です。セドレツ納骨堂、幽霊教会、錬金術師の部屋、ユダヤのシナゴーグ等今回も厨二心にグッと来る風景を収録。…

Twitter松尾@スマホ変えたい@matsuo_motoGP

返信 リツイート 昨日 16:13

ところが、密告者が用心しいしい小声で両親に告げているのを盗み聞くと「坊っちゃんは納骨堂の外にある木蔭で夜明かしをなすった」と言っているではないか!そして、眠そうな目で南京錠がかかっている扉の隙間を見つめていたと。わたしは驚いたり喜んだりした。

法事の一件。冬場はお坊さんが個別訪問をやっていないと判明しました。確かに豪雪だと車の移動は大変だし、我が家の様な山奥住まいなら尚更キケン💦 納骨堂で直接、読経をしてもらうのでこちらから赴く事に。どちらにせよ大変であります。

Twitterこゆるぎ美冬@創作あれこれ@KoyuOriwork

返信 リツイート 昨日 15:21

今日の現場は納骨堂の横。