納骨堂のことを知りましょう

納骨堂にお骨を納める時期と一周忌法要

納骨堂にお骨を納める時期と一周忌法要 納骨する時期は一周忌が1つの目安とされています。
昔は百か日法要の際に行うこともありましたが、近年は百か日法要自体がほとんど行われなくなったので、四十九日法要の際に納骨する人が多くなっています。
明確に法律に期日が定められているわけではないので、故人と別れがたいなどの理由で一周忌まで自宅にお骨を置いておくご家庭もあります。
納骨堂も移し替えなどでない初めての納骨であれば、火葬してから納骨までの期間にはこだわらない場合がほとんどです。
一周忌を機に納骨堂に納骨する場合は、お寺に法要と納骨式を依頼しておく必要があります。
すでに納骨している場合の一周忌法要については、一人一人に年忌法要を行う納骨堂もあれば、一月ごとに同じ年忌を迎えた人同士で合同法要を行う所もあります。
納骨の際に確認しておくか、問い合わせをすれば答えてもらえます。
合同法要を行う所でも希望があれば個別の法要もしてもらえるので、お骨を納骨堂に納めていることを伝えたうえで、普通のお墓の場合や納骨前の場合と同じようにお寺に依頼すれば大丈夫です。

日本の墓事情に配慮した納骨堂

納骨堂の仕組みや考えは、日本の長年の歴史の中で変化を続けて、昔とは意味合いも違ってきました。
従来の考えでは、一時的に遺骨を安置する場所になることが多く、将来的には永代供養墓に移すことが一般的でした。
ところが、最近は墓の後継者不足が非常に深刻となったために、納骨堂を永代供養墓として利用する動きが強まっています。
現在の日本は少子高齢化も深刻で、先祖代々の墓の維持管理で困る人が増えています。
このような問題を全国の寺院は注目して、近代的な納骨堂の建立を進めています。
最初から後継者不足の問題に対処した形ですから、子供がいない夫婦でも利用しやすくなり、経済的な負担が軽減するなどの利点もあります。
墓地の不足が深刻な大都市でも、納骨堂の需要が高まる状況です。
限られた空間を有効的に使って建立できるため、将来には墓を作る場所がなくなる心配もありません。
日本の高温多湿の環境にも順応する建築で、雨や強風を気にせずにお墓参りができることも魅力です。

Menu
新着情報

◎2017/11/7

格安の納骨堂を選ぶ際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

納骨堂にお骨を納める時期と一周忌法要
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「納骨堂」
に関連するツイート
Twitter

RT @UncensorednReal: 治療した患者の映像証言などがわかりやすい形で展示されていて知識の無いところからでも理解が深まります。資料館の脇には、今なお引き取り手のいない遺骨などが眠る納骨堂がありました。治療法が確立されても続いた社会の根深い差別、今も完全には払拭で…

三ヶ根山ロープウェイ - 赤い電車の見える風景 blog.livedoor.jp/hazunet/archiv…  当方の父方の代々の墓があった地域ですね.... で 熱田神宮前の納骨堂に 墓を移転したデス....当方 半分 名古屋で 半分 福岡デス!(福岡/行橋)に 母方の先祖の墓があるデス

【なぜ?手元供養?】 私は岐阜県に住み、両親は大阪府にすんでいる。そして、父は次男なのでお墓はありません。私は一人っ子 ありがちなケース 皆さんどうしますか? お墓? 納骨堂? 樹木葬? どこに? 手元供養? ちょっとだけ考えてみませんか? #いいねした人全員フォローする #相互フォロー

Twitter手元供養ドットコム@red_segia

返信 リツイート1 8:11

突然の訪問にも関わらず、ご案内頂きありがとうございました✨この納骨堂はまるで「死」というよりは「これから生まれる」という希望を感じました。ですから、夜に訪問しましたがまるで朝のようでした💖 facebook.com/10001044564564…

Twitterもっちー@神と対話する狂人@mochizukiayaka

返信 リツイート 7:56

カンポサントもちょっと見たかった…😂 納骨堂で、中庭に咲くバラの花はゴルゴタの丘の土という話。 あと内部にある死の凱旋ってフレスコ画がメメントモリがテーマなんだそう。キタローちゃあん…! しかし空が青い〜!!! pic.twitter.com/dPoDSibuKX

納骨堂:佐倉井が『アバウトに生きる方法』って本に几帳面に線を引きながら読んでいた

RT @kongouji093: 昨今『離檀料』問題が。納骨堂移転に伴う離脱に対し寺側が数百万の請求を。寺はお金というより、檀家離阻止が目的の様だが。が、地裁判例で離檀料上限は50万が妥当と。そもそも離檀料なんて、信仰を含め自由が基本だと。が、遺骨を道端に捨てたり、宅急便で送り…

たぶんね、ほんと、たぶんなんだけど 鹿屋のお墓の近くにある新しい神社だったはず… お母さんの旧姓の名前のお墓が鹿屋で たまに行くけど、納骨堂もあって、その隣にこの神社があったはずなんだよな 鹿屋だと中々伏見稲荷みたいな神社見かけないから珍しいなって

Twitter柚子@神社参りしたい。@mmd_citron

返信 リツイート 1:05

もし孤独死したら遺骨はどうなるのだろうか… 合同の納骨堂的なのに入るのかな 無縁仏的な感じなのかな

Twitterフォトグラたろぞう@c10vr

返信 リツイート 0:26

人間ひとりがいくらの肥料になるかという量の問題ではなく、心がけの問題だ。火葬にして丈夫な骨ツボに納め、五階建ての納骨堂に納めて、どうしてご先祖さまが成仏できよう。人間みずからが自然の地水火風の不調和をつくりだしているのだ。(「自然のサイクル破壊」3/4)